米国株:上昇、S&P500種は最高値更新-中銀政策で

更新日時

24日の米国株は上昇、主要株価指数 は最高値を更新した。各国中銀による刺激策で世界経済への信頼感が高 まったことが背景にある。

家電量販店のベスト・バイは年末商戦の始まりを控えて株価が上昇 した。衣料品のアーバン・アウトフィッターズはS&P500種株価指数 銘柄の中で最も上昇した。一方、通信大手ベライゾン・コミュニケーシ ョンズは下落。シティグループが株式投資判断を引き下げたことが嫌気 された。

S&P500種株価指数は前週末比0.3%高い2069.41で終了。ダウ工 業株30種平均は7.84ドル(0.1%未満)上げて17817.90ドルで終えた。

バニアン・パートナーズのチーフ市場ストラテジスト、ロバート・ パブリク氏(ニューヨーク在勤)は「インフレ対応に関する先週のドラ ギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言が引き続き材料になっている。さ らに中国の利下げも影響している」と述べ、「明るい経済ニュースや決 算発表があった。相場は一段と上昇する可能性がある」と続けた。

S&P500種は先月に付けた6カ月ぶり安値から11%上昇した。欧 州を中心に世界的な景気減速が起こっているとの懸念から、S&P500 種はそれまでに最大7.4%下げた。この日は独企業景況感指数が予想に 反して前月から上昇したことを手掛かりに株価は上昇した。

独企業景況感指数

ドイツのIfo経済研究所がまとめた11月の独企業景況感指数 は104.7と、10月の103.2から上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト41人の調査中央値では103.0への低下が見込まれてい た。

マークイット・エコノミクスが発表した11月の米サービス業購買担 当者指数(PMI)は拡大を示したものの、ペースは前月から減速し た。25日発表される第3四半期米実質国内総生産(GDP、改定値)は 速報値から伸びが縮小すると予想されている。

S&P500種を構成する500社の株価収益率(PER、予想ベース) は17.2倍と、09年末以来の高水準となっている。前月は15.5倍だった。 ブルームバーグがまとめた予想によると、S&P500種企業の今年の増 益率は7.6%が見込まれている。

ベスト・バイ、ベライゾン

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)はこの日、2.2%低下して12.62だった。

ベスト・バイは2.3%上昇。米国では感謝祭の翌日に当たる28日の ブラックフライデーで年末商戦が開始する。衣料品ギャップは4.6%上 昇した。

この日はS&P500種産業別10指数の中で選択的消費株が最も上げ た。アーバン・アウトフィッターズは5.4%高、高級ハンドバッグメー カーのコーチは2.6%値上がりした。

一方、通信サービス株は1.4%下落した。シティグループのアナリ ストがベライゾンの株式投資判断を「買い」から「ニュートラル(中 立)」に引き下げたことが売り材料となり、ベライゾンの株価は1.4% 下げた。

原題:S&P 500 Extends Record on Confidence in Economy, Central Banks(抜粋)

--取材協力:Callie Bost、Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE