NY原油(24日):3日ぶり反落-市場はOPEC総会に注目

原油先物市場では、ロンドンの北海 ブレントとニューヨークのウェスト・テキサス・インターミディエート (WTI)が3営業日ぶりに下落。 市場参加者らは石油輸出国機構 (OPEC)が今週の総会で減産を決定するかどうかに注目している。

PNCキャピタル・アドバイザーズの原油アナリスト、ポール・ク ロボ氏(フィラデルフィア在勤)は「OPECが減産を決めるかどうか は分からない」とした上で、「私は上下どちらの方向にも大きくは賭け ない。OPECに減産の必要があるとの見方は強い。そうした認識は相 場を動かす材料となる」と述べた。

ロンドンICEのブレント1月限は前週末比68セント(0.8%)下 げて1バレル=79.68ドル。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は73セ ント(1%)下落し75.78ドル。

原題:Oil Falls for First Time in Three Days in Run-Up to OPEC Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE