グーグルが標的-欧州議会、検索とそれ以外に分割する案検討

欧州議会は、米グーグルをインター ネット検索とそれ以外の事業とに分割することを目指す意見を検討して いる。欧州議会メンバーによって用意された資料で示された。

ブルームバーグが入手した一つの草案は、同社による不正な慣行と 指摘する問題への規制当局による対応を求めている。別の決議草案は、 欧州委員会は域内のデジタル産業を支援するため「検索エンジンをそれ 以外の商業サービスから分けることを目指す提案を検討」すべきだとし ている。こちらは欧州人民党のメンバーが準備したもの。

グーグルは多くの欧州諸国で検索エンジンの市場シェアが9割を超 えている。

グーグルの広報担当者はコメントを控えた。欧州委員会からはこれ までのところコメントを得られていない。グーグル分割を求める案に関 しては英紙フィナンシャル・タイムズが21日先に報じていた。

原題:Google Targeted as EU Weighs Call to Split Web-Search Providers(抜粋)

--取材協力:Brian Womack、Denni Hu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE