中国、一段の政策金利引き下げも-12年以来の利下げ受け

中国は21日に2012年以来となる利下 げに踏み切った。

世界2位の中国経済は今年の成長率が1990年以来の低水準になる軌 道にあり、JPモルガン・チェースとバークレイズ、UBSのエコノミ ストは中国人民銀行(中央銀行)が需要喚起のために再び行動に出ると 分析する。

中国がユーロ圏と日本の陣営に回り新たな刺激策をとる中、世界の 株式と原油、金属相場は上昇した。中国の成長目標達成がリスクにさら されていることとインフレ鈍化、高水準の資金調達コストは、今後一段 の行動を示唆している。

JPモルガンの中国担当チーフエコノミスト、朱海斌氏は、今回の 発表は「より積極的な金融緩和に向けた政策シフト」を示していると指 摘、「これは中国政府が目先の成長を懸念し、企業部門での資金調達コ スト低減に向けた取り組みを強化していることを映している」と語っ た。

人民銀は21日、1年物貸出基準金利は0.4ポイント引き下げ5.6%、 1年物預金金利は0.25ポイントの引き下げ2.75%となると発表。新金利 は22日から適用される。

今回の利下げは、このところ政策金利の変更よりも対象を絞った金 融緩和と流動性供給を選択してきた人民銀にとっては方向転換を意味す る。

原題:China Seen Cutting Rates Again After First Reduction Since 2012(抜粋)

--取材協力:Kevin Hamlin、Xiaoqing Pi、Simon Kennedy、Debra Mao.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE