ロシア、石油市場でサウジと協力へ-生産削減の計画はなし

原油の2大輸出国であるロシアとサ ウジアラビアは石油市場で協力することで一致した。ロシアのエネルギ ー省はただ、下落が続く価格の反転を狙って生産を制限する予定は当面 ないと説明した。

ロシアのラブロフ外相は21日、サウジアラビアの外相との会談後に モスクワで記者団に対し、同国とサウジアラビアは、石油市場に対して 「政治的・地政学的な理由から影響を与えようとする試みがあってはな らない」との意見で一致したと語った。また石油輸出国には、「そうし た非客観的な要素を修正するための措置を講じる権利がある」と述べ た。

ロシアとサウジアラビアの原油生産量を合わせると、世界全体の 約25%を占める。

ロシアのノバク・エネルギー相はこの日モスクワで、同国政府は生 産削減をめぐり協議したが、価格下落の阻止を目的に生産を削減する計 画は現在ないと説明。その上で、ロシア経済は石油収入に大きく依存し ていることから最終的な決定はまだ下されていないと語った。

原題:Russia to Cooperate With Saudi on Oil While Avoiding Output Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE