エレオが破産法適用申請-著作権侵害との最高裁判断で経営難

バリー・ディラー氏率いるIAC/ インタラクティブが出資する米新興企業のエレオが20日、連邦破産法11 条に基づく会社更生手続きの適用をマンハッタンの連邦破産裁判所に申 請した。

エレオはインターネット経由で地上波テレビ放送の番組を配信する サービスを手掛ける。同サービスが番組の著作権を侵害しているとの判 断を米連邦最高裁が6月25日に下して以来、存続の危機にあった。

原題:Aereo Signal Fades, Seeks Bankruptcy After Supreme Court Loss(抜粋)

--取材協力:Greg Stohr.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE