ブラジル株(21日):ボベスパ指数上昇-財務相人事観測好感

21日のブラジル株式市場では指標の ボベスパ指数が上昇。ジョアキン・レビ元財務局長がブラジルの新たな 財務相に指名されるとの観測が広がり、通貨レアルも高くなった。

ボベスパ指数は前営業日比5%高の56084.04で終了。2011年8月以 来の大幅高となった。国営のラジル石油公社(ペトロブラス)は12%高 と6年ぶり大幅高。レアルは2.3%高の1ドル=2.5158レアルと、ブル ームバーグが集計対象とする主要31通貨の中で最大の上げとなった。

レビ氏は2003-06年にルラ前大統領の下で財務局長を務めていた。 同氏がマンテガ氏の後任として財務相に就くと、ブラジル紙フォリャ・ ジ・サンパウロ(オンライン版)が伝えた。大統領の報道担当当局は、 ルセフ大統領は21日には組閣人事について発表しないと説明している。

コンサルティング会社モネユーのエコノミスト、ジェイソン・ビエ イラ氏はサンパウロで電話取材に応じ、「レビ氏は財務相としては投資 家受けの良い人物だ。極めて市場寄りだからだ」と語った。

ブラジル銀行は8.3%、イタウ・ウニバンコ・ホールディング は6.6%のそれぞれ上昇。中国の成長が高まり需要が喚起されるとの観 測から鉄鉱石生産最大手のヴァーレは6.9%高。

原題:Ibovespa, Real Surge on Speculation Levy to Be New Finance Chief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE