クリーブランド連銀総裁:中銀の独立性には説明責任が必要

クリーブランド連銀のメスター総裁 は、金融当局が独立を維持するためには公に対する説明責任が不可欠と の見解を述べた。

メスター総裁は20日、ロンドンで講演。原稿によると、同総裁は 「金融政策決定の根拠について透明性がなければ、中央銀行が政治的な プロセスから独立性を維持することは不可能だ」と述べた。

原題:Fed’s Mester: Central Bank Independence Requires Accountability(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE