11月20日の欧州マーケットサマリー:株下落、債券は総じて上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2539   1.2554
ドル/円            118.13   117.97
ユーロ/円          148.12   148.09


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  338.28     -.87      -.3%
英FT100     6,678.90   -17.70     -.3%
独DAX      9,483.97   +11.17     +.1%
仏CAC40    4,234.21   -31.98     -.7%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .02%        -.01
独国債10年物     .80%        -.05
英国債10年物     2.09%       -.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,190.00    -6.00     -.50%
原油 北海ブレント         78.88      +.78    +1.00%

◎欧州株:下落、製造業指標が予想下回る-BHPなど鉱山株が安い

20日の欧州株式相場は下落。ユーロ圏と中国の製造業データがいず れもエコノミスト予想に届かなかったことが嫌気され、鉱山株が売られ た。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.3%安の338.28で終了。 BHPビリトンやリオ・ティントなどが大きく下げ、金属・鉱業株指数 は年初来安値を付けた。西欧18カ国の主要株価指数の中で、スペインの 株価指数が最もきつい値下がりとなった。

バークレイズのウェルスマネジメント部門で株式戦略責任者を務め るウィリアム・ホッブス氏は、「欧州経済は依然として脆弱(ぜいじゃ く)で、回復がやや行き詰まっている」と指摘。「金属・鉱業株を買い 支えていくのは難しく感じる。いまだに過剰供給なほか、特に中国が減 速している現状下では需要がすぐに持ち直しそうにない」と続けた。

マークイット・エコノミクスがこの日発表した11月のユーロ圏の製 造業購買担当者指数(PMI)速報値は50.4に低下。エコノミスト調査 中央値では50.8が見込まれていた。指数は50が活動拡大・縮小の分かれ 目。同日発表された11月の中国製造業PMIは半年ぶり低水準だった。

スペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA) が5.5%下落。同行はトルコのガランティ銀行への追加出資で合意した と19日遅くに発表、この日は約20億ユーロ相当の新株を発行した。スペ インのIBEX35指数は1.6%下げた。

原題:European Stocks Decline With Miners as Manufacturing Slows (抜粋)

◎欧州債:総じて上昇、独債利回り大幅低下-景気減速兆候でQE観測

20日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が総じて上昇し、ドイ ツ10年債利回りは3週間余りで最大の下げとなった。景気減速リスクの 高まりが背景にある。

フランス国債も値上がり。この日発表されたユーロ圏の製造業とサ ービス業の生産活動を示す11月の指数が予想に反して低下した。こうし た状況を受けて、欧州中央銀行(ECB)が量的緩和に踏み切るとの観 測が広がった。ドラギ総裁は今週、見通しが悪化し続けた場合に緩和拡 大策に国債購入が含まれる可能性を明言した。スペイン国債も上昇。30 億ユーロ相当の債券を発行したものの、下げ要因とはならなかった。

ダンスケ銀行のチーフアナリスト、イェンス・ペーター・ソエレン セン氏は「現在の弱いデータが、ドイツなど欧州中核国の国債利回りを 押し下げている」とし、「さらに弱いデータが出れば、本物のQE導入 への市場の期待が高まるだろう。ECBはこの件についてオープンに話 し合いを進めており、来年のいずれかの時点で実行する心の準備をして いるようだ」と語った。

ロンドン時間午後4時18分現在、ドイツ10年債利回りは前日比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.80%。これは先月30 日以来の大幅低下。同国債(表面利率1%、2024年8月償還)価格 は0.48上げ101.89。5年物利回りは4bp下げて0.14%。

マークイット・エコノミクスが発表した11月のユーロ圏の製造業と サービス業を合わせた総合購買担当者指数(PMI)速報値は51.4と、 前月の52.1から低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト調査中央値では52.3への上昇が見込まれていた。指数は50が活動拡 大・縮小の分かれ目。

フランス10年債利回りも5bp低下し1.14%、同年限のスペイン国 債利回りは3bp下げて2.10%となった。

原題:Euro-Area Bonds Advance as Output Data Raise Speculation of QE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE