中国株:上海総合指数、6日ぶり反発-証券株が買われる

更新日時

中国株式市場では上海総合指数が6 営業日ぶりに反発した。英HSBCホールディングスとマークイット・ エコノミクスが発表した11月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速 報値は6カ月ぶりの低水準となったものの、証券株が買われて全体を押 し上げた。

中信証券(CITIC証券、600030 CH)は1.4%高。海通証券 (600837 CH)は1.8%高。李克強首相が主宰する国務院常務会議が19日 開かれ、新規株式公開(IPO)制度改革を加速する方針が示された。

中国最大の造船会社の傘下企業である広州広船国際(600685 CH) は3.9%安。港湾サービスを手掛ける上海国際港務(600018 CH) は2.7%下げた。

上海総合指数は前日比0.1%高の2452.66。CSI300指数はほぼ変 わらずで終了した。香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数がほ ぼ変わらず、ハンセン指数が0.1%安で引けた。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は「経済のファンダ メンタルズ(基礎的諸条件)に投資家があらためて目を向けつつある」 と指摘。「景気が減速する中で近い将来、相場のきっかけとなる材料は 見当たらないだろう。IPO改革を加速すれば株式を公開する企業が増 え、証券会社の収入は上積みされる」と述べた。

原題:China Stock Index Rises as Brokerages’ Gain Overshadows PMI Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE