米ゴールドマン、ウラン取引部門を閉鎖へ-買い手見つからず

米ゴールドマン・サックス・グルー プはウラン取引部門について、売り出しを表明したものの受け入れ可能 な提案が出なかったため閉鎖すると上院常設調査小委員会に伝えた。

現物商品への銀行の関与について同小委が19日公表した報告書によ ると、ゴールドマンは現物ウランの在庫積み上げを停止しており、数年 かけて同事業を閉鎖すると説明した。2018年まで続く供給契約は全て履 行するという。

カール・レビン上院議員(民主、ミシガン州)が委員長を務める同 小委は議会や連邦準備制度理事会(FRB)が監視の目を強めている銀 行の現物商品事業について2年間にわたって調査してきた。同報告書に よれば、米大手金融機関は市場の動きから利益を得るためこうした事業 を活用する一方、大惨事の可能性への備えができていない。

規制監督当局が金融機関の商品事業に厳しい目を向ける中で、同行 は昨年、ウラン取引部門の買い手探しを始めたと、事情に詳しい関係者 が当時話していた。11年に起きた東京電力福島第1原発事故以降、需要 後退を背景にウラン価格は下落傾向にある。

報告書では、ゴールドマンがコロンビアの複数の炭鉱売却を検討し ていると同小委に伝えたことも分かった。同行は労働問題に対応してい るほか、港の利用が困難だったため今年は石炭を輸出していないとい う。

原題:Goldman Sachs to Wind Down Uranium Unit After Failing to Sell(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE