米シーザーズ、最大部門をREITに転換する再編計画提示

米カジノ運営会社シーザーズ・エン ターテインメントは同社最大の事業部門を不動産投資信託(REIT) に転換することで同部門の債務再編を図る計画を債権者に提示した。

19日の当局への届け出によると、シーザーズの計画はシーザーズ・ エンターテインメント・オペレーティング・カンパニーを、カジノとそ の運営部門を所有する不動産会社に転換する内容。シーザーズは債権者 との協議を続けていると説明した。

同社は事前調整型の破綻計画を推進するため計184億ドル(約2 兆1700億円)の債権を保有する数十の債権者の支持獲得に取り組んでい る。

事情に詳しい複数の関係者が19日に語ったところによれば、貸し手 のシルバー・ポイント・キャピタルが債務再編に向けた協議から離脱し たため、シーザーズは提案の開示を余儀なくされた。話し合いから撤退 した貸し手はこの1カ月で少なくとも2社目という。

シーザーズの広報担当ゲーリー・トンプソン氏は債権者との協議に ついてコメントを控えた。

同社の株価は時間外取引で上昇し、一時18.69ドルを付けた。これ は通常取引終値の14.37ドルを30%上回る水準。ニューヨーク時間午後 6時31分(日本時間20日午前8時31分)現在、16.60ドルで取引されて いる。

原題:Caesars Proposed Turning Biggest Unit Into REIT Under Debt Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE