小米、出資先の「愛奇藝」を最大30億ドルと評価-関係者

中国のスマートフォンメーカー、小 米が検索サイト国内最大手、百度(バイドゥ)傘下の映像配信サイト 「愛奇藝」に出資を決めた。事情に詳しい関係者によれば、小米は愛奇 藝の企業価値を20億-30億ドル(約2360億-3550億円)と評価してい る。

詳細が非公開であること理由に関係者が匿名を条件に語ったところ では、小米と系列の順為資本は3億ドルを投じ、愛奇藝の株式約10 -15%を取得する。1億ドルの追加投資を行う百度の持ち分は約80%に なるという。

4年前に米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載 する携帯端末向けソフトウエアメーカーとして創業した小米は、スマホ 販売で中国1位、世界3位に成長。小米の最高経営責任者(CEO)で 順為資本の会長も務める雷軍氏は19日、中国の烏鎮で開催された世界イ ンターネット会議で、「われわれを単なる携帯電話メーカーと見なす向 きもあるが、われわれ自身はインターネット企業だと考えている。それ が急成長の理由だ」と語った。

出資の発表資料によれば、百度と小米、愛奇藝はモバイルインター ネット関連などのコンテンツとテクノロジー製品を共同開発する。小米 の広報担当ジョイ・ハン氏は出資比率についてコメントを控えている。

原題:Xiaomi Stake Said to Value IQiyi at More Than $2 Billion (抜粋)

--取材協力:Janet Ong、Sarah Chen、Bonnie Cao.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE