米テスラ株が下落-モルガンSが利益見通しなどを下方修正

19日の米株式市場で、電気自動車 (EV)メーカー、米テスラ・モーターズの株価が下落。モルガン・ス タンレーがテスラの利益と販売台数の見通しを下方修正したことが嫌気 された。テスラが発売を延期したスポーツ型多目的車(SUV)「モデ ルX」は同社にとって「極めて重要だ」と指摘した。

ニューヨーク市場でテスラの株価は前日比3.9%安の247.74ドルで 終了。1日の下落率としては先月27日以来の大きさとなった。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は今月5日、 「当初予定から数カ月遅れ」の2015年7-9月(第3四半期)にモデル Xの引き渡しを開始する計画を明らかにした。モルガン・スタンレーの アナリスト、アダム・ジョナス氏はモデルXを市場に送り出すことはテ スラにとって重要だとし、同モデルの15年の販売台数見通しを従来の1 万5000台から5000台に下方修正した。今年の利益見通しは35%、来年 も44%それぞれ引き下げたが、投資判断は「オーバーウエート」で維持 した。

原題:Tesla Falls as Morgan Stanley Cuts Forecast on Model X Delay (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE