NY原油:ほぼ変わらず、OPECに注目-ブレントは下落

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)はほぼ変わらず。石油 輸出国機構(OPEC)が27日の総会で減産を決定するかどうかをめぐ り憶測が流れる中、北海ブレントは下落した。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)のエ ネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は「弱気なトレンドが既に形 成されており、一段安を阻むものは何もない」と指摘。「OPEC総会 を前に積極的にポジションを組む動きにはならないと思う」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日 比3セント安の1バレル=74.58ドルで終了。同限月は20日が最終取引 となる。中心限月の1月限は14セント安の74.58ドルで終えた。ロンド ンICEのブレント1月限は37セント(0.5%)下げて78.10ドル。

原題:Brent Oil Declines as Investors Weigh Likelihood OPEC Output Cut(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Rupert Rowling.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE