NY金:反落、FOMCがインフレ期待低下を警戒

更新日時

ニューヨーク金先物相場は反落。連 邦公開市場委員会(FOMC)の議事録が公表され、インフレ期待の低 下への警戒感が示されていたことが明らかになった。

エバーバンク・ウェルス・マネジメント(セントルイス)のシニ ア・マーケット・ストラテジスト、クリス・ギャフニー氏は電話取材に 対し、「目下のところインフレは心配ではないようだ」と発言。「国外 経済の減速による影響は限定的だと当局が見ていることを、市場はタカ 派的だと解釈している」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.3%安の1オンス=1193.90ドルで終了。その後発表され たFOMC議事録を受けて、金現物は午後2時32分現在1190.34ドルに 下げた。

銀現物は0.3%安の1オンス=16.1455ドル。プラチナ現物は1.5% 下げて同1188.38ドル。パラジウム現物は1.3%下落し同764.25ドル。

原題:Gold Declines as Fed Officials Warn on Inflation Expectations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE