NATO戦闘機、バルト海上空でロシア軍偵察機に迎撃態勢

北大西洋条約機構(NATO)は19 日、バルト海上空でロシアの軍事偵察機IL20を迎撃するため、複数の 戦闘機を発進させた。こうした動きは今週に入り3回目となる。

ラトビア陸軍は簡易ブログ「ツイッター」で、NATOがリトアニ アに配置しているカナダの戦闘機CF18ホーネットが、ラトビア国境付 近の国際水域上空でIL20に対して迎撃態勢を取ったと明らかにした。 同陸軍は別の投稿で、前日にはロシア海軍のタンカーがラトビアの領海 から11.6カイリ(約21.5キロメートル)の地点で目撃されたと説明し た。同タンカーがラトビアの領海付近で目撃されたのはここ3日間で2 回目となる。

原題:NATO Jets Confront Russian Planes Over Baltic for Third Day (1)(抜粋)

--取材協力:Aaron Eglitis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE