ニューヨークが香港抜く、ショッピング街の賃貸料

ニューヨーク市マンハッタンの5番 街が香港の銅鑼湾(コーズウェイベイ)を抜いて、小売りスペースの最 も高いショッピング街になった。米景気の回復を背景に小売りスペース の賃貸料は全米で上昇した。

ミッドタウン5番街の年間賃貸料は8月末までの1年間で13.3%上 昇し、過去最高の1平方フィート当たり3500ドル(1平方メートル当た り約440万円)となった。仲介業者のクシュマン・アンド・ウェイクフ ィールドが19日発表した。銅鑼湾の賃貸料は6.8%下げて1平方フィー ト当たり2735ドル。

米国ではカリフォルニア州ビバリーヒルズのロデオドライブやニュ ーヨーク市のマディソン街なども人気が高く、米全体では一等地の賃貸 料が1-9月に10.6%上昇したと、クシュマンのグローバルリテール最 高執行責任者(COO)のマット・ウィン氏が述べた。

クシュマンは各国の最も賃貸料の高い通りを比較。パリのシャンゼ リゼは賃貸料が横ばいだったものの3位を維持。ロンドンのニュー・ボ ンド・ストリートは4.2%値上がりで4位だった。

原題:New York Overtakes Hong Kong for Most Expensive Retail Spot (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE