米大統領令、技術系留学生の一時就労プログラム拡大盛り込む

オバマ米大統領は20日にも発令する 大統領令で、米国の大学で技術系の課程を修了した外国人学生を対象と した一時就労プログラムの拡大を発表する。高スキルの人材を求めるテ クノロジー業界からの働きかけに部分的に応じた対応とみられる。

ホワイトハウスの計画に詳しい関係者によると、オバマ大統領は科 学・技術・工学・数学を専攻した留学生に最長2年5カ月間の国内就労 を認める現行プログラムを拡大する方針。

プログラム拡大は20日に発令される大統領令に含まれる。ハイテク 企業の経営陣からはより長く就労できるH1-Bビザの拡大を求める声 が挙がっているが、この条項を盛り込んだ移民改革法案は下院通過が難 しい状況になっている。

原題:Obama Said to Include Tech Visas Expansion in Immigration Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE