イエレン議長、グリーンスパン氏の「謎」継承-長期金利低下で

10年近く前のことだ。グリーンスパ ン米連邦準備制度理事会(FRB)議長(当時)は長期金利をコントロ ールすることができなかった。そして現在、現職のイエレン議長も失敗 の憂き目に遭うというのが債券投資家の見立てだ。

グリーンスパン氏率いた米金融当局は2004-06年にわたり、主要政 策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を引き上げた が、それでも長期金利は上昇しなかった。信用引き締めを通じて行き過 ぎを抑制するという同氏の試みは挫折し、約80年ぶりの深刻な金融危機 につながった。

「われわれはFF金利をコントロールしようと望んだが、長期金利 はそれまでの経験とは異なり、短期金利の上昇には反応せず、困難に陥 った」。グリーンスパン氏は先週のインタビューでこう振り返った。同 氏は05年の議会証言でこうした現象を「謎」と呼んだ。

今やイエレン氏をトップとする米金融当局が来年の利上げに向けて 準備を進める中で、債券市場には過去が序章であることを示唆する兆候 が見られる。金融当局は債券購入プログラムを終了し、08年以来ゼロ近 辺に維持してきたFF金利の誘導目標引き上げのための戦略を策定して いるが、米10年債利回りは今年に入り0.71ポイント低下した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)参加者が9月に示した最新の経 済予測では、大半の当局者が来年のある時点での利上げを予想している ことが示されている。

一層微妙

今の方が、金利が一段と低めでイールドカーブ(利回り曲線)はよ りフラット化しており、事態は一層微妙だ。米財務省エコノミストを務 めた経歴を持つオレゴン大学のティム・ドイ経済学教授は、長期金利が 安定ないし低下しつつある中で金融当局が短期金利を引き上げれば、 「イールドカーブは直ちに逆転し、信用創造の流れが覆る」事態につな がりかねないと語った。

ドイ氏は、FF金利の誘導目標を引き上げても長期金利が上昇しな かった場合、米金融当局には他の選択肢がほとんどないだろうと指摘。 同目標のさらなる引き上げの余地はほとんどなく、不況に陥っても利下 げ余地に乏しく、「どのような戦略があるのかと困惑してしまう」と話 した。

原題:Yellen Inherits Greenspan’s Conundrum as Long Rates Keep Sinking(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE