グリーンスパン氏直面の「謎」、再現のリスクか-日欧緩和で

米金融当局が主要政策金利を引き上 げても、債券利回りが予想に反して上昇しないという、グリーンスパン 連邦準備制度理事会(FRB)議長(当時)が約10年前に直面したのと 同様のジレンマに陥るリスクが高まっている。オーストラリア・ブリス ベーンに拠点を置く資産運用会社QICはこのように指摘した。

QICのチーフエコノミスト、マシュー・ピーター氏は18日、シド ニーで記者団に対し、米金融当局が金融政策の引き締めに踏み切る方向 にあるのに対し、日銀と欧州中央銀行(ECB)は流動性の供給を拡大 している点を指摘。仮に日本とユーロ圏の金融機関が消費者や企業の信 頼感の改善を与信増につなげることができなければ、米国に資金が流入 することになると説明した。同社は600億ドル(約7兆円)相当余りの 運用を手掛ける。

ピーター氏は「仮に米国に流動性が流れ込み、それに伴って債券利 回りが下押しされれば、米経済にとって過度に緩和的な金融情勢がもた らされる可能性がある」と分析。そのようなシナリオの下では、「グリ ーンスパン議長時代に生じたのとさほど違いのないような」形で、米金 融当局が市場の想定よりも速いペースでの利上げを迫られることも考え られるとした。

グリーンスパン氏は2005年、米金融当局が与信抑制に向けて短期金 利を引き上げているのにもかかわらず、世界的な過剰貯蓄が長期金利を 低水準に抑えつける「謎」に直面していると語った。

ピーター氏は「現在とグリーンスパン時代との間には不気味な類似 性が多く見られる」とし、同元議長が言及した「謎」はピーター氏自身 の中心的なシナリオではないものの、それが実際に起きる確率は10 -20%程度に上昇しているとの見方を示した。

原題:Greenspan Conundrum Risk Rising for Fed as BOJ, ECB Add Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE