9月の対米長期証券投資、過去最大の買い越し-財務省

更新日時

9月の対米長期証券投資は過去最大 の買い越しとなった。ドル高が進行し、外国人投資家が社債や米国債、 米政府機関債を買い増したことが背景にある。

米財務省が18日発表した統計によると、長期証券投資は1643億ドル (約19兆2000億円)の買い越しとなった。8月は521億ドルの買い越し だった。

外国人投資家による政府機関債投資は210億ドルの買い越し で、2013年7月以来最大。社債投資は207億ドルの買い越しで、少なく とも3年ぶりの高水準。米国債投資は481億ドルの買い越しで2月以来 最大となった。

同統計によると、国別の米国債保有では首位の中国と2位の日本が 9月に保有を減らした。中国の保有は34億ドル減の1兆2700億ドル。日 本は90億ドル減り1兆2200億ドル。

原題:U.S. Posts Record Inflow of Portfolio Investments in September(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE