中国・香港株:上海総合指数4日続落-証取接続の熱気薄れる

更新日時

中国株式相場は下落。上海総合指数 が4営業日続落となった。上海と香港の証券取引所による株式注文の相 互取り次ぎ開始に伴う期待感が後退した上に、中国政府が発表した新築 住宅価格統計で景気減速懸念が深まった。

中信証券(CITIC証券、600030 CH)は上海市場で2.7%安。香 港証取を運営する香港取引所(388 HK)は香港市場で2.4%安。前日 は4.5%下げていた。本土の投資家による香港株の買いは18日、1日当 たり取引上限(105億元=約2000億円)の8%に満たなかった。

本土市場では不動産開発の保利房地産集団(600048 CH)は2.7% 安。建設会社の中国建築(601668 CH)は3.1%安。10月の中国主要70都 市の新築住宅価格は1都市を除いて全て前月比で下落した。売れ残り物 件を減らすための値引きが影響した。

上海総合指数は前日比0.7%安の2456.37で終了。CSI300指数は 1%安。香港市場ではハンセン指数が1.1%下げ、ハンセン中国企業株 (H株)指数は1.2%下落した。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「証取接続は既に相場に 織り込まれた。物件価格が依然として高水準のため、住宅市場の弱い状 況は長引くだろう。景気の足かせとなる状況もなお続く可能性がある」 と述べた。

原題:China Stocks Drop for Fourth Day as Bourse Link Enthusiasm Fades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE