【今日のチャート】欧州株、米国株との評価格差縮小の可能性

欧州株は米国株との比較で1年3カ 月ぶりの割安水準となっている。一部の投資家は欧州経済に対する悲観 的な見方は行き過ぎだと指摘している。

今日のチャートは、S&P500種株価指数とストックス欧州600指数 の予想株価収益率(PER)の差が2013年7月以来最大となったことを 示している。景気減速懸念を背景にストックス600指数が6月の年初来 高値から3.6%下げる一方で、S&P500種株価指数は過去最高値を付け た。

ライファイゼン・キャピタル・マネジメント(ウィーン)の株式部 門責任者ヘルベルト・ペルス氏は電話取材に対し、企業の業績見通しを 考えると欧州株のバリュエーション(株価評価)は魅力的で、株価の下 げは行き過ぎの可能性があると説明。「投資家はいずれ、欧州のファン ダメンタルズ(基礎的諸条件)が一部の考えほど悪くないことに気付く だろう」とした上で、「企業決算は一部の予想を上回る内容となってい る。現在の欧州と米国のバリュエーションの差は大き過ぎる」と述べ た。

原題:European Stocks Seen Narrowing Gap With U.S.: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE