インドネシア中銀:政策金利7.75%に引き上げ-燃料値上げで

インドネシア中央銀行は18日に緊急 会合を開催し、政策金利の引き上げを決めた。ジョコ・ウィドド大統領 がこれに先駆けて燃料価格を引き上げており、インフレ抑制のため今年 初の利上げに踏み切った。

中銀の声明によれば、マルトワルドヨ総裁率いる理事会は政策金利 であるレファレンス金利を7.75%に引き上げた。預金ファシリティー金 利(FASBIレート)は5.75%に据え置かれた。

同大統領は17日遅くに補助金対象となる燃料の価格引き上げを発 表。エネルギー関連の補助金を減らし開発計画の資金を確保するとの選 挙公約を実行に移した。ただし、燃料値上げはインフレをあおる可能性 がある。10月のインフレ率は既に4カ月ぶり高水準。

原題:Bank Indonesia Raises Key Interest Rate as Fuel Prices Increase(抜粋)

--取材協力:Andrew Janes、Neil Chatterjee.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE