ゴードン・ゲッコーの姿伝えたファレル氏死去-68歳

米ストラテジストで、テレビ番組の 市場コメンテーターとして人気の高かったビンセント・ファレル氏が死 去した。68歳だった。同氏はオリバー・ストーン監督の映画「ウォー ル・ストリート」でアドバイザーも務めた。

16日、米ニューヨーク州サウスサーレムの自宅で息を引き取った。 妻のクロティルドさんが明らかにした。大腸がんを患っていた。

ファレル氏は1982年設立の投資会社スペアズ・ベンザク・サロマ ン・アンド・ファレルの創業パートナー。米経済専門局CNBCのウェ ブサイトでの紹介よれば、同社で最高投資責任者(CIO)や大口顧客 向けポートフォリオマネジャーを務めていた。同社は1995年にキーコー プに買収された。ファレル氏はCNBCで市場についてコメントした り、ブルームバーグ・ラジオの番組にゲストとして出演、あるいはゲス トホストを務めたりしていた。

映画「ウォール・ストリート」(2010年)の撮影現場で事実チェッ カーとしてストーン監督にアドバイスし、主人公のモデルであるゴード ン・ゲッコーは従業員の前で決して上着を脱がなかったことなどを伝え た。ロサンゼルス・タイムズが2010年に報じていた。

原題:Vincent Farrell, Strategist Who Advised Gordon Gekko, Dies at 68(抜粋)

--取材協力:Lee Spears.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE