米自動車販売台数、史上初の6年連続増加を2015年に達成へ

米自動車メーカーのゼネラル・モー ターズ(GM)とクライスラーが政府に救済されて以来、自動車業界は 成長を続けており、来年には史上初の6年連続での販売増加が見込まれ ている。雇用増やローンの組みやすさ、ガソリン価格の低下が背景にあ る。

ブルームバーグがまとめたアナリスト12人の予想平均による と、2015年の新車販売台数は1670万台と、過去10年で最多となる見通し だ。全米自動車ディーラー協会(NADA)は17日、同1690万台とさら に強気な予測を発表した。

ケリー・ブルー・ブックのアナリスト、アレック・グティエレス氏 は「家計に対する消費者の不満が減っており、職を失う心配もあまりな い」と述べ、「自動車が故障したからを購入するのではなく、何か目新 しいものを求めているようだ。完全なリスク回避の姿勢ではないことが 示唆された」と続けた。

調査会社オートデータと業界紙オートモーティブ・ニュースによる と、1927年以降、販売台数が5年連続で伸びたのはこれまで2度ある。 一度目は33-37年で自動車業界の草創期だった。二度目は1996-2000年 で、この間に過去最高の1740万台を記録した。

15年の販売台数は今年を約40万台上回る可能性がある。販売台数 が00-07年の平均である1680万台に近づくにつれ、増加ペースは減速し つつある。この時期の後の金融危機で自動車需要は急減し、GMとクラ イスラーは破たんに追い込まれた。

販売台数の伸びは10から12年にかけて毎年10%を超えた後、昨年 は7.6%に減速。先のアナリスト調査によると、今年は4.5%増の1630万 台が見込まれている。

原題:U.S. Auto Sales Poised for Record Sixth Straight Year of Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE