米投資銀行は大型M&Aで恩恵、17日分だけで手数料は370億円

油田サービス世界2位の米ハリバー トンと医薬品メーカーの米アクタビスは17日、両社合わせて1000億ドル (約11兆6500億円)規模の買収を発表した。両社の助言役を務めた米銀 5行は今回の手数料として最大で計3億1600万ドル(約370億円)を稼 ぐ可能性がある。

ハリバートンは同業3位の米ベーカー・ヒューズを346億ドルで、 アクタビスは同業の米アラガンを660億ドルで買収することでそれぞれ 合意。助言手数料の約半分はゴールドマン・サックス・グループとバン ク・オブ・アメリカ(BOA)に支払われる。

ゴールドマン・サックスは単独でベーカー・ヒューズの助言役を務 め、BOAはクレディ・スイス・グループと共にハリバートンに助言を 行った。米コンサルティング会社フリーマンによれば、3行は最大で計 1億4300万ドルを受け取る。

ゴールドマンとBOAはアラガンの助言役も務め、最大9200万ドル を得る可能性がある。アクタビスの助言役だったJPモルガン・チェー スは手数料として最大8100万ドルを得る見通しだ。

この日の合意成立により、ゴールドマンが企業の合併・買収(M& A)助言手数料収入ランキングで首位となることが確実となった。2位 には、2件の買収に関与しなかったモルガン・スタンレーがつけてい る。ランキングではBOAが5位から3位に浮上する一方、2件の買収 に携わらなかったシティグループが3位から4位に順位を下げた。

シティグループの広報担当ロバート・ジュラビッツ氏は電子メール で、「M&A業務のパフォーマンスと勢いに加え、顧客への戦略的な助 言とソリューションに非常に満足している」と述べた。

原題:Wall Street to Reap $316 Million From Actavis, Halliburton Deals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE