トヨタ:燃料電池車12月15日発売、724万円で補助金も-世界初

更新日時

トヨタ自動車はセダンタイプの新型 燃料電池自動車(FCV)「ミライ」を12月15日に国内で発売する。本 格的な市販は世界初。価格は723万6000円。2015年末までに約400台の販 売を目指す。

FCVは燃料の水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、排出 するのは水だけ。高圧水素タンクなどの燃料電池技術とハイブリッド技 術を融合したシステムを採用しており、内燃機関に比べエネルギー効率 が高く、走行時に二酸化炭素など環境負荷物質を排出しない。燃料の充 てん時間は3分程度と、ガソリン車と同様の利便性を備えている。

政府はFCVに対し、燃料電池を搭載していない同車格の車との差 額の2分の1を補助金として支給する。安倍晋三首相は7月、政府とし て「少なくとも200万円の補助をしていきたい」と述べた。愛知県など 自治体によっては、さらに差額の4分の1を補助するところもある。

トヨタの加藤光久副社長は18日の発表会見で、トヨタでは「水素を 有力なエネルギー」とみており、FCVを「究極のエコカー」と位置付 けていると話した。燃料電池システムについては自社開発とし、トヨタ のものづくりへのこだわりと指摘。一方、水素充てんステーションにつ いて、「トヨタとして直接関与することは考えていない」という。

今後の販売について、前川眞基副社長は「16年ぐらいから販売は徐 々に本格化していく」との見通しを示した。加藤氏は海外販売計画につ いて、米国で17年末までに3000台以上、欧州で16年ぐらいに年間50 -100台と述べた。

国内受注は政府・自治体や法人中心

前川氏によると、国内のFCV受注状況は販売店で約200台。中央 官庁、自治体、法人が中心という。加藤氏は今後の生産について「立ち 上がりは1台1台、丁寧につくっていく」と述べ、水素充てんステーシ ョンの整備動向などを見極めながら進めていく考えを示した。また価格 について、加藤氏は、改善を重ねていかないと「手ごろな価格にできな い」と話した。

FCVでは水素充てんステーションの整備が課題となっており、政 府は費用の一部を補助するなど15年度に100カ所を整備する目標を掲げ ている。FCVについては、ホンダが15年度中に日本で発売し、その 後、米欧に展開する計画を発表している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE