アジア・太平洋株式サマリー:香港、中国株下落-印株は最高値

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

中国株式市場では上海総合指数が下落したが、指数構成銘柄のうち 値上がり数が値下がり数を上回った。上海・香港証券取引所の相互注文 取り次ぎが17日に始まり、本土株の買いは1日当たりの上限に達した。

酒造会社の貴州茅台酒(600519 CH)は1.8%高。自動車メーカーの 上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)は3.2%上昇した。証取 接続によって海外投資家が本土の消費関連銘柄を購入する動きが見られ た。

香港証取を運営する香港取引所(388 HK)は4.5%安。本土の投資 家による香港上場株の購入は、1日当たり取引の上限を大きく下回っ た。インターネット企業のテンセント・ホールディングス(騰訊、700 HK)は2.1%安。

本土市場で上海総合指数は前週末比0.2%安の2474.01で引けたが、 下落1銘柄に対し2銘柄以上が上げた。CSI300指数は0.5%安。香港 市場ではハンセン指数が1.2%安、ハンセン中国企業株(H株)指数 は1.9%安で終了した。

珩生鴻鼎資産管理(上海)の運用担当者、戴明氏は電話取材に対 し、上海の接続は「良いスタートだった」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式市場では指標のS&Pセンセックス指数が過去最高値を 更新した。同国の貿易赤字が10月に縮小し、経済の改善兆候が増えた。

インドステイト銀行は約4年ぶりの高値に急伸。同行の資産の質を めぐる懸念が和らいだ。自動車メーカーのタタ・モーターズは上場来高 値を記録。同社傘下のジャガー・ランドローバーが中国工場の操業を年 末までに開始する計画を発表した。世界最大の製油所を所有するリライ アンス・インダストリーズは4営業日ぶりに値上がり。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前週末比0.5%高の28177.88で 終了。0.5%安となる場面があったものの、10月の貿易赤字が134億ドル と、9月の142億5000万ドルから縮小したことが発表されると反発し た。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比41.80ポイント(0.8%)安 の5412.54。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比1.51ポイント(0.1%)安の1943.63。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比98.49ポイント(1.1%)安の8884.39。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE