インド株(終了):センセックス、最高値更新-貿易赤字が縮小

17日のインド株式市場では指標の S&Pセンセックス指数が過去最高値を更新した。同国の貿易赤字が10 月に縮小し、経済の改善兆候が増えた。

インドステイト銀行は約4年ぶりの高値に急伸。同行の資産の質を めぐる懸念が和らいだ。自動車メーカーのタタ・モーターズは上場来高 値を記録。同社傘下のジャガー・ランドローバーが中国工場の操業を年 末までに開始する計画を発表した。世界最大の製油所を所有するリライ アンス・インダストリーズは4営業日ぶりに値上がり。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前週末比0.5%高の28177.88で 終了。0.5%安となる場面があったものの、10月の貿易赤字が134億ドル と、9月の142億5000万ドルから縮小したことが発表されると反発し た。

原題:India’s Sensex Climbs to Record as October Trade Deficit (抜粋)

--取材協力:Santanu Chakraborty、Ameya Karve.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE