エボラからの回復、1日4リットル以上の水分補給が鍵

エボラ出血熱にかかった人が助かる ために今できる最良のことは「飲む」ことのようだ。

治療薬やワクチンが準備できるのは少なくとも数カ月先になるとみ られる中で、医療関係者らはエボラを克服する最良の方法を回復した患 者たちから学ぼうとしている。その結果分かったのは、1日4リットル 以上の水分補給用飲料を摂取するのが最重要だということだ。これは誰 にとっても容易ではないし、特にひどい吐き気に見舞われているエボラ 患者には難しいが、これが生き残りの鍵だという。

シエラレオネでエボラについて世界保健機関(WHO)に助言する サイモン・マーデル医師は「エボラにかかると、非常に短時間で脱水状 態になる。そして悲劇的なのは、何か飲みたい気持ちにならないこと だ」と話した。

ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌に先週発 表された研究が、積極的な水分補給が米アトランタのエモリー大学病院 で治療を受けた医療関係者2人の回復の鍵だったことを示した。マーデ ル医師とWHOの同僚がナイジェリアで回復した12人中6人に対して行 った聞き取り調査も、水分摂取の重要性を示したという。

原題:Beating Ebola Hinged on Sipping a Gallon a Day, Doctors Say (1)(抜粋)

--取材協力:Simeon Bennett.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE