【個別銘柄】三菱UFJや東レは上昇、マツキヨH売られる

更新日時

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):前週末比2.2%高 の659円。4-9月期(上期)の連結純利益は前年同期比9.1%増の5787 億円だった、と14日に発表。アナリストによる事前の予想平均値5250億 円を上回った。16円と計画していた年間配当予想は18円に積み増した。 同時に発行済み株式総数の1.27%、1000億円を上限に自己株取得も行う とも発表。ドイツ証券では想定外の自社株買いと増配の発表はポジティ ブサプライズとした。

東レ(3402):4.1%高の842.1円。米航空会社ボーイングから航空 機向けに最新の軽量素材である炭素繊維を1兆円分受注する、と17日付 の日本経済新聞朝刊が報じた。1000億円を投じ米国に世界最大級の炭素 繊維工場を建設。現行機と次期大型旅客機「777X」の主翼部分に今 後10年以上にわたり独占供給するという。

マツモトキヨシホールディングス(3088):3.5%安の3325円。15 年3月期の連結営業利益見通しを225億円から前期比15%減の190億円に 下方修正する、と14日に発表。消費税増税前の駆け込み需要の反動減が 想定以上に長引いたことで上期業績が振るわなかったことや、相次ぐ大 型台風の上陸などで今後も経営環境は厳しいと予想した。三菱UFJモ ルガン・スタンレー証券は14日、同証による今期連結営業利益予想 を213億円から193億円に減額した上で、目標株価を3300円から3100円に 引き上げた。

JR東海(9022):4.6%安の1万7120円。SMBC日興証券は14 日、直近の株価上昇で、さらなるアウトパフォームの余地が縮小したと して投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に引き下げた。一 方、新幹線の好調などを背景に今期連結営業利益予想を4730億円か ら4880億円(会社計画4750億円)に上方修正。目標株価は1万6200円か ら1万8200円に変更した。

水素関連銘柄:三菱化工機(6331)1.4%高の447円、岩谷産業 (8088)1.6%高の766円など。トヨタ自動車(7203)が燃料電池車向け の水素供給事業を開始すると16日付の日本経済新聞朝刊が報道。グルー プ会社を通じて移動式の水素ステーションを運営する新会社を年内にも 設立するという。また岩谷産業は燃料電池車向けの水素価格を走行距離 1キロ当たり10円に決定したと15日付の日本経済新聞朝刊が報道した。

小野薬品工業(4528):4.5%安の1万370円。ジェフリーズ証券は 投資判断を「買い」から「ホールド」に14日引き下げた。新目標株価は 1万円。

朝日インテック(7747):5.4%高の5450円。7-9月期(第1四 半期)の連結営業利益は前年同期比30%増の20億6300万円だったと14日 に発表。研究開発費や直接販売への切り替えなどに伴い販管費が増えた が、好調な売上高が増益をけん引した。

関東電化工業(4047):12%高の499円。15年3月期の連結営業利 益見通しを23億円から前期比84%増の28億円に上方修正する、と14日に 発表。未定としていた年間配当は3円に決定した。

日本アクア(1429):10%高の4000円。12月末の株主を対象に1株 を5株に分割する、と14日に発表した。最低投資金額の低下による投資 家層の広がりが見込まれた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE