ヘッジファンド金買い越し、3週連続減-減少ペース今年最大

ヘッジファンドによる金の買い越し は3週連続で減った。減少ペースは今年に入って最大となっている。

米商品先物取引委員会(CFTC)が14日発表したデータによる と、ニューヨーク市場の金の先物とオプションの買越残高は11日終了週 に6399枚(14%)減少し3万8673枚となった。過去3週間では49%減 り、昨年12月以降で最大。業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル( WGC)の発表によれば、7-9月(第3四半期)の金需要は約5年ぶ りの低水準となった。

3336億ドル(約38兆8000億円)を運用するスタンダード・ライフ・ インベストメンツのグローバルストラテジスト、フランシス・ハドソン 氏は13日、「金相場にとっては弱材料ばかりだ」と指摘。「最も強い影 響を及ぼしているのはドルの上昇で、それが商品全般の弱材料になって いる。このため、商品価格が下落してドルと株式が上昇し、ディスイン フレの可能性があり一部の国々はすでにデフレに陥っている」と述べ た。

原題:Hedge Funds Cut Gold Bets in Fastest Exit This Year: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE