米大学で学ぶ中国人留学生、3年間で75%増加-国際教育協会

米国の大学で学ぶ中国人留学生が3 年間で75%増加し昨年度は約27万5000人に達したことが、ニューヨーク を拠点とする非営利団体(NPO)、国際教育協会(IIE)のリポー トで明らかになった。

IIEが17日発表したリポートによると、中国人は米国の大学で学 ぶ留学生88万6052人のうち31%と、最大の割合を占めた。インド人 が12%で2位、韓国人は7.7%で3位だった。

IIEによれば、中国人留学生は2013-14年度に前年比で8.1%増 加。インド人は17%増えた。外国人留学生はキャンパスに多様性をもた らすほか、多くが学費を全額負担することから大学にとって魅力的な存 在だ。米国の大学は学生の学費を補助するため、授業料を減額する形 で13-14年度に総額約480億ドル(約5兆5600億円)を支出している。 カレッジ・ボード(ニューヨーク)によれば、インフレ調整後の補助金 は10年前と比較してほぼ倍増している。

IIEのアラン・グッドマン代表は「米国の高等教育にはさらに多 くの留学生を受け入れる余地がある」と指摘した。

原題:Chinese Students at U.S. Universities Jump 75% in Three Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE