NY原油(17日):反落、日本の予想外のマイナス成長を嫌気

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反落。世界3位の石 油消費国である日本が予想外に2四半期連続のマイナス成長に陥ったこ とが売りを誘った。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は「日本の直近のデータが需要見通しに支え とならないのは明らかだ」と指摘。「石油輸出国機構(OPEC)が引 き続き主な材料となり、減産を言明するまで当面は相場に下押し圧力を 掛けるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前営 業日比18セント(0.24%)安の1バレル=75.64ドルで終了した。

原題:Crude Falls as Japanese Recession Reduces Fuel Demand Outlook(抜粋)

--取材協力:Rupert Rowling.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE