香港証取経由の上海株購入、1日当たりの上限に達する-初日

更新日時

香港と上海の証券取引所による株式 注文の相互取り次ぎが始まった17日、両証取接続を経由した上海株の購 入が1営業日当たりの上限に達した。

海外投資家は現地時間午後1時57分(日本時間同2時57分)までに 上海株130億元(約2500億円)相当を購入し、この日の買い注文受け付 けが停止された。中国本土の投資家は購入上限が105億元となっている 香港株を約14億元相当買い入れている。第一上海金融集団や英皇証券な どの証券会社によれば、証取接続を通じた取引は順調に行われている。

証取接続開始は中国が資本勘定の自由化を推進し、人民元の国際化 と上海を国際的な金融センターにすることを目指す上で、最大級の一 歩。投資総額の上限が定められていることから、中国当局は越境資金の 流れのコントロールがある程度可能だ。

珩生鴻鼎資産管理公司の運用マネジャー、戴明氏は電話インタビュ ーで、「海外投資家は香港に上場していない銘柄を選好しているよう だ」と分析。「香港株への投資意欲はさほど強くない」と指摘した。

原題:Shanghai Stock Buying Through Exchange Link Reaches Daily Limit(抜粋)

--取材協力:Eduard Gismatullin、Kana Nishizawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE