トレーダーのDNA持つファンド、自己勘定デスク閉鎖で好機

ドーン・フィッツパトリック氏はト レーダーになりたかった。1992年にペンシルベニア大学ウォートン校の 女子学生だった同氏にとって、それはオコナー・アンド・アソシエーツ (本社シカゴ)に就職することだった。「就職したい会社はオコナーだ けだった。面接を受けたのもオコナーだけだ」と語る同氏は、4年生の 時に採用された。

フィッツパトリック氏(44)が率いているオコナー・グローバル・ マルチストラテジー・アルファ・ファンドのDNAには、トレーダーの 本能が組み込まれている。同ファンドは34人の運用担当者らが考え出し た15の投資戦略を組み合わせて運用される。ブルームバーグ・マーケッ ツ誌12月号が報じている。

米国株のロング・ショートや欧州クレジット、合併裁定などさまざ まな戦略を組み合わせる目的は、主要な資産クラスとの相関が比較的小 さいリターンを確保することだ。この方法は奏功し、48億ドル(約5600 億円)規模の同ファンドのリターンは2000年6月の運用開始から今年7 月末までで年9.9%。ブルームバーグ・マーケッツ誌が入手した投資家 宛て書簡から分かった。ボラティリティは同7.9%だった。

世界の株式の指標であるMSCI・AC・ワールド指数の同期間の リターンは年4%、ボラティリティは同16.5%。オコナーのファンドの MSCI指数との相関は0.45、米国債の指標との相関はマイナス0.16 だ。

多数の戦略をまとめることは複雑なリスク管理を必要とする。数学 者のマイケル・グリーンボーム氏が商品トレーダーのエドムンドとウィ リアム・オコナーの支援でオコナーを1977年に設立して以来、同社はこ うしたリスク管理を行ってきた。

ブラックショールズ・モデル活用

自社資金で取引するオコナー・アンド・アソシエーツは1973年以降 の2つの展開を生かした。1つは世界初のオプション取引所であるシカ ゴ・オプション取引所(CBOE)の開設。もう1つはオプション価格 を計算するブラック・ショールズ・モデルの発表だ。マイロン・ショー ルズ氏はこのモデルの開発によって、ノーベル経済学賞を1997年に受賞 した。同氏はオコナー・アンド・アソシエーツが定量的リスク管理シス テムを開発した最初の会社だと考えている。「オコナーはオプションの 価格設定の枠組みをオプションと原資産である株式の取引に活用するば かりでなく、フロアトレーダーが取るリスクの監視にも使った」とショ ールズ氏は述べた。

フィッツパトリック氏がオコナー入社後にまず与えられた仕事はア メリカン証券取引所での事務だった。それから、CBOEの株式オプシ ョンの立会場でマーケットメーク(値付け)をするようになった。同氏 が入社した後すぐに、オコナーはスイス銀行に買収された。同行はその 後にUBSに買収された。オコナーのトレーダーらはその後、銀行内の さまざまな分野へ配属されていったとフィッツパトリック氏は話した。

1998年に再結集

1998年に、オコナーのトレーダーらが再結集してUBSオコナーを 作った。現在フィッツパトリック氏が率いている部門だ。トレーダーら は2年後に、部門の資産57億ドルの大半であるマルチストラテジーファ ンドを開始した。「バンド再結成のような感じだった」とフィッツパト リック氏は振り返った。

ファンドは主に株式と社債に投資する。「流動性を重視している。 ポートフォリオのほとんどが単純な証券なのはそのためだ」と同氏は話 した。

金融業界にあるマルチストラテジーファンドの中には、各戦略のチ ームがそれぞれ別個に運用しているところもあるが、UBSオコナーで は運用者に情報を共有させる方が良いと考えたとフィッツパトリック氏 は述べた。投資銀行の自己勘定取引デスクのトレーダーらは総じて、さ まざまな資産クラスと戦略の間で協力し合うのがうまいという。ボルカ ー・ルールのために多くの銀行が自己勘定デスクを閉鎖したため、 UBSオコナーにチャンスが生まれた。

協力が利益につながる

チーム間の協力が収益機会につながる例としてフィッツパトリック 氏は、合併裁定の取引を挙げる。合併案件に絡んで利益を上げようとす るファンドは通常、株式の売買でこれを行うが、金融危機後は変わった という。「クレジットと転換社債を使った合併裁定ポジションの機会が 大きく増えた」という。「危機前はこうした債券が売り出されても、売 買は投資銀行内部の自己勘定デスクに限られていたのだと思う」と同氏 は分析した。

UBSオコナーでは転換社債裁定取引のチームは合併裁定取引チー ムの隣に座っている。案件が発表されるとすぐに、前者のチームは転換 社債があるか、合併に際してその社債がどう扱われるかを知ることとな り、その債券の特性とどこで買えるかを合併裁定の運用者に伝えるとい う。

15のチームは毎月、それぞれのアプローチのリスクとリターンにつ いての定量分析を持ち寄り、全体の中での相互作用について検討する。 ある戦略が単独ではリスクが高くても、ファンド全体のリスクを下げる 場合もあるとフィッツパトリック氏は説明した。

ファンド内の最大ポジションは資本の2.5%程度だという。これに よってある投資が失敗しても、損失を抑えることができる。「朝、目を 覚まして新聞を見た時、1つのニュースが私の1日をめちゃめちゃにす ることはない」と同氏は語った。

原題:O’Connor Hedge Fund Scores Gains Where Prop Desks No Longer Rule(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE