ユーロ圏:7-9月GDP速報値、前期比0.2%増-予想上回る

ユーロ圏経済は7-9月(第2四半 期)にエコノミスト予想を上回る伸びとなった。ドイツとフランスがプ ラス成長を回復したほか、ギリシャ経済にも復活の兆しが表れている。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が14日発表したユーロ 圏の7-9月(第3四半期)域内総生産(GDP)は前期比0.2%増と なった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト39人の予想中央値は前 期比0.1%増だった。

ライファイゼン・シュバイツ(チューリヒ)のエコノミスト、アレ グザンダー・コッホ氏は「改善の兆候が出始めている」とし、「生産が 既に危機前の水準に戻っているドイツから、回復途上のギリシャまで、 勢ぞろいだ」と語った。

ギリシャの7-9月GDPは前期比0.7%増で、3四半期連続でプ ラス成長となった。6年にわたるリセッション(景気後退)で同国の経 済規模は25%縮小した。

域内の経済大国であるドイツとフランスも7-9月にプラス成長に 戻り、ドイツは0.1%、フランスは0.3%それぞれ拡大した。イタリアは 引き続きユーロ圏の弱点で、2四半期連続のマイナス成長となった。

原題:Euro-Area Economy Grows More Than Forecast on Germany, France(抜粋) Eurozone Third Quarter GDP Flash Estimate: Summary (Table) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE