【今日のチャート】米利上げなんて怖くない-株価の上昇持続へ

2006年以来となる米利上げの見通し は米国株投資を控える理由にはならないと、ルーミス・セイレスのシニ ア株式ストラテジスト、リチャード・スキャッグス氏は指摘した。

スキャッグス氏は1週間前にブログに掲載した資料で、金利が上昇 し始めることについて「これまでの実績を見ると、株式投資家が恐れる 理由はほとんどなさそうだ」とし、利上げは向こう1年-1年半の株価 上昇にとって「重大な障害にはならないだろう」と説明した。

今日のチャートはS&P500種株価指数について、1972年以降に8 回あった利上げ局面の開始前後の値動き平均を追ったもので、スキャッ グス氏がどう結論に達したかを示している。チャートは同指数の変化だ けに基づく。同氏と、同僚のクレイグ・バレル氏は配当と再投資に伴う 収益も分析に盛り込んだ。

チャートによると、S&P500種は米金融当局がフェデラルファン ド(FF)金利の誘導目標引き上げに踏み切る前の1年間に平均18%上 昇。同指数は利上げが始まって約9カ月後にピークを付けている。

スキャッグス氏は資料で「事業環境は初期段階では好ましい状態に とどまる見込みだ」と分析。現行の誘導目標がゼロ付近にあることや低 めの長期金利、企業収益が伸びる可能性を理由に挙げた。

原題:Don’t Look for Fed to Derail U.S. Stocks Soon: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE