サード・ポイント、ダウ・ケミカル改革キャンペーンを拡大

ダニエル・ローブ氏が創業したヘッ ジファンド会社サード・ポイントは13日、アクティビスト(物言う投資 家)の立場から化学メーカーのダウ・ケミカルに改革を求めるキャンペ ーンを拡大した。ダウに批判的なウェブサイトを開設し、「諮問委員 会」を設立した。

サード・ポイントは、米アメリカン・インターナショナル・グルー プ(AIG)のスティーブ・ミラー会長と、フォスター・ホイーラーの レイ・ミルコビッチ元会長を諮問委員会のメンバーに指名した。

ダウのアンドルー・リバリス会長兼CEOは12日に記者団に対し、 ローブ氏と先週会ったほか、9カ月間にわたり定期的に話をしているこ とを明らかにした。サード・ポイントはダウを最大の投資先と位置付け ており、リバリス会長に石油化学事業へのさらなる集中かスピンオフ (分離・独立)による収益性改善を求めている。

原題:Loeb Escalates Dow Chemical Campaign With New Advisory Board(抜粋)

--取材協力:Jack Kaskey.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE