原油安でタンカーは中国へ-燃料コストも低下し海運ブーム

今年の原油価格下落の恩恵を受けて いる業界に原油の海運業を加えることができそうだ。

原油価格の下落を背景に中国による用船契約に拍車が掛かってい る。また、ブルームバーグが集計したデータによれば、昨年11月と比較 して18%下げている原油価格が現在の水準近辺で推移すれば、海運業界 全般にとって年間約200億ドル(約2兆3200億円)の燃料コスト削減に つながる見通しだ。

原油価格の下落はサウジアラビアやイランなど歳入の大部分をエネ ルギー輸出収入が占めている国々にとって打撃となる一方、航空会社や セメントメーカーは燃料コスト低下による恩恵を受けている。原油安に 伴い海運業界にとって最大のコストである燃料費が低下し、原油海運業 界の指標となる中東-アジア間の航路で船舶を運航する船主企業は用船 契約によりここ数年で最高のリターンを上げている。

アークティック・セキュリティーズ(オスロ)のアナリスト、エリ ック・スタブセス氏は11日の電話インタビューで「中国が中東から大量 の原油を購入し、それが用船レートに影響を及ぼしている」と指摘。 「冬季にかけて原油価格が下落しており、その状況が続く可能性が高 い」と述べた。

原題:Oil Tankers Stream Toward China as Selloff Sparks Boom: Freight(抜粋)

--取材協力:John Martens.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE