個別銘柄:】積ハウスやネクソン高い、SHIFT初値形成

更新日時

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

積水ハウス(1928):前日比6.2%高の1578円。2017年1月期を最 終年度とする中期経営計画で、総還元性向を60%にすると設定。同時 に170億円を上限とする自社株買いや、15年1月期営業利益見通し の1420億円から1450億円への上方修正も発表した。野村証券では、今期 業績の上方修正、自社株買い、中期計画、株主還元性向の引き上げすべ て株価にポジティブだとし、目標株価を1990円に引き上げた。

ネクソン(3659):15%高の1167円で、新規上場の銘柄を除く東証 1部値上がり率1位。1-9月営業利益は前年同期比8.2%減の463億円 だった。ゴールドマン・サックス証券では、7-9月期営業利益は同証 事前予想を上回ったと指摘、モバイルゲーム事業の急速な立ち上がりと 中国の安定化がポジティブとした。14年12月期営業利益予想を539億円 から569億円に、来期を570億円から622億円に上方修正。目標株価 を1120円から1200円に引き上げた。

三井住友フィナンシャルグループ(8316):1.8%安の4444.5 円。15年3月期純利益見通しを6800億円から前期比16%減の7000億円に 上方修正した。ブルームバーグ・データによるアナリストの予想平均 は7450億円だった。BNPパリバ証券では、下期の純利益見通しが2200 億円にとどまったことや、第2四半期末配当が60円に据え置かれたこと を理由に挙げ、株価は短期的に軟化する可能性が高いと指摘した。

東京エレクトロン(8035):2.6%安の7723円。経営統合予定の米 アプライド・マテリアルズが13日発表した14年11月-15年1月実質1株 利益予想は25-29セントと、市場予想31セントを下回った。13日の時間 外取引でアプライド株は終値比2%安の22.17ドル。

アルプス電気(6770):5.3%高の2268円。メリルリンチ日本証券 では目標株価を2150円から2500円に引き上げた。VCM(カメラ用アク チュエータ)の需要好調や車載用電子部品事業の収益性改善などを理由 に今期営業利益予想を390億円から450億円(会社計画410億円)に上方 修正。OIS(手振れ補正機能)付きVCMの普及拡大が収益をけん引 するとし、来期営業利益予想を423億円から503億円に増額した。投資判 断は「買い」継続。

アイフル(8515):2.3%安の461円。4-9月純利益は前年同期 比60%減の77億9600万円だった。通期予想については従来の125億円か ら前期比54%減の142億円に上方修正した。野村証券では利息返還請求 件数は依然高止まりしており、追加の引当金繰り入れの可能性を否定で きないなどとし、投資判断「ウエート下げ」、目標株価240円を継続し た。

大真空(6962):9%安の312円で、東証1部値下がり率1位。15 年3月期営業損益見通しを11億円黒字から10億円赤字に下方修正した。 デジタルカメラ向け製品の販売減少や通信機器市場やHEMS市場向け の販売が伸び悩むことが要因。上期末配当は2円と決定(前回予想3 円)、3円としていた期末配当予想は未定に変更した。

長谷工コーポレーション(1808):4.9%高の898円。15年3月期営 業利益予想を330億円から370億円に上方修正した。マンション建築工事 の施工量増大や完成工事総利益率改善などが要因。ブルームバーグ・デ ータによるアナリストの予想平均は346億円だった。クレディ・スイス 証券では完成工事粗利益率の改善確認は受注残の質の向上を示唆し、来 期の利益成長の可能性が高まったことはややポジティブと評価。

リゾートトラスト(4681):3.2%安の2490円。海外市場で転換社 債300億円を発行すると発表した。転換価格は1株3343円で、調達資金 は「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」の取得に充当する。株式希薄化を 懸念した売りが優勢となった。

フォスター電機(6794):4.1%高の1889円。野村証券では投資判 断を「中立」から「買い」に引き上げた。ハイエンド音響製品とスマー トフォン向けイヤホン事業の利益成長の向上を評価。目標株価は1600円 から2300円に引き上げた。

ユニデン(6815):6.3%安の225円。4-9月営業利益は前年同期 比30%減の4億3100万円と、事前計画6億9000万円を下回った。北米市 場で無線通信・応用機器が伸び悩んだことが響いた。

ミズノ(8022):4.2%高の598円。4-9月営業利益は前年同期 比3.9%増の27億円だった。同時に通期見通しを80億円から前期比3.7% 増の59億円に下方修正した。みずほ証券では、アジア・オセアニアの収 益拡大などで上期は同証予想20億円を超え、通期も同証予想(50億円) を上回ったと指摘。上期営業増益確保はポジティブな印象とした。

ファーマフーズ(2929):20%高の2797円。特発性肺線維症の治療 に有望な化合物6種について特許を出願したと14日に発表。この6種の 有望化合物は既承認薬で安全性において担保されている医薬品であるこ とから、比較的早期に上市が見込めるプロジェクトだとしている。

SHIFT(3697):マザーズ市場に13日に新規株式公開 (IPO)し、初日を買い気配のまま終えた同社は14日午後、公募価格 の1300円に対して4.6倍となる初値6000円を付けた。公募から初値への 上昇率は、7月15日に上場したイグニスの4.4倍を上回ることし最大と なった。終値は初値比1000円ストップ高の7000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE