中国テンセントの「微信」、欧米で利用伸び悩む-経費を圧縮

中国のテンセント・ホールディング ス(騰訊)が提供するメッセージ用アプリケーション「微信(ウィーチ ャット)」は、欧米各国で利用者数が伸び悩んでいる。7-9月期のア クティブユーザーの伸びは最低水準にとどまった。

深圳に本社を置くテンセントのジェームズ・ミッチェル最高戦略責 任者(CSO)は、海外での成長をより「浸透しやすい」市場に絞るこ とでマーケティング・販売コストを圧縮していることを明らかにした。

2011年に投入された微信は瞬く間に大中華圏に普及、中国市場では 飽和状態に近づいている。一方、海外では米フェイスブックのメッセー ジアプリ「ワッツアップ」などとの競争に直面。微信の月間ユーザー数 は7-9月期に前の四半期と比べ6.8%増えたが、伸び率としてはこれ までで最も小さく、昨年7-9月期の15%増の半分以下となった。

原題:China’s WeChat Struggles in West After Topping 468 Million Users(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE