米国株(14日):変わらず-ヘルスケア安がエネルギー株高を相殺

更新日時

米株式相場はほぼ変わらず。ヘルス ケア関連銘柄が値下がりし、エネルギー株の上昇を相殺した。最近の相 場上昇は行き過ぎだったとの見方も台頭した。

ナスダック・バイオテクノロジー指数は2%安で、構成銘柄ではバ イオジェン・アイデックが4%下げた。原油相場の反発を背景に、エネ ルギー株は週間ベースでの下げ幅を縮小した。油田サービスのベーカ ー・ヒューズは続伸。同業ハリバートンと統合に向けて交渉中であるこ とを確認した。アマゾン・ドット・コムは3.5%高。アシェット・ブッ ク・グループとの対立に終止符が打たれたことを好感した。金相場の上 昇に伴い、ニューモント・マイニングは5%値上がり。

S&P500種株価指数は前日比1ポイント未満上げて2039.82。終値 での最高値を更新した。ダウ工業株30種平均は18.05ドル(0.1%)安 の17634.74ドル。両株価指数ともに週間ベースでは0.4%上昇した。ナ スダック100指数は0.3%上げて、5日続伸。

フェニモア・アセット・マネジメントの調査ディレクター、ジョ ン・フォックス氏は電話インタビューで「小売売上高は良好だった。景 気が改善しつつあるというこれまでの道筋を引き続き進んでいる証拠が 圧倒的に多い」と指摘。「もっとも、こうしたすべての好材料は周知の 事実であり、株価に織り込まれている。考慮すべきはバリュエーション だ」と述べた。

米商務省が発表した10月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.3%増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト予想中央値は0.2%の増加だった。前月は0.3%減。

11月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は89.4と、前月の86.9から上昇し、2007年7月以来の高水準 となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は87.5 だった。

「既に起こってしまった」

バニアン・パートナーズのチーフ市場ストラテジスト、ロバート・ パブリク氏(ニューヨーク在勤)は、「市場参加者は『ホリデーラリ ー』に期待しているが、それは既に起こってしまったのではないかと問 いかけているのかもしれない」と指摘。「小売売上高が予想を小幅に上 回っただけでは十分ではない。小休止が予想される。このまま永久に上 昇し続けることはあり得ない」と述べた。

S&P500種の業種別10指数中6指数が上昇。エネルギー株は0.8% 上げて、週間の下げ幅は2%に縮小した。原油相場は2010年以来の安値 水準から反発した。

ベーカー・ヒューズは1.9%高。合併の可能性についてハリバート ンと「予備的な交渉」を行っていることを認めた。前日は15%上げてい た。ハリバートンはこの日、2.4%上昇。

アマゾンが高い

ニューモント・マイニングは5%高と、S&P500種構成銘柄の値 上がり率トップ。金相場は1週間ぶりの大幅上昇となった。

アマゾン・ドット・コムは3.5%高。書籍と電子書籍をめぐるアシ ェットとの対立に終止符が打たれた。

原題:U.S. Stocks Little Changed; S&P 500 Closes at Record, Dow Slips(抜粋)

--取材協力:Inyoung Hwang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE