NY原油:大幅続落、4年ぶり安値-OPEC動かずとの見方

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は大幅続落し、4年ぶ り安値。石油輸出国機構(OPEC)は供給だぶつきを解消するための 行動を起こさないとの見方が根強い。

LPSパートナーズ(ニューヨーク)のエネルギーOTC部門責任 者、マイケル・ハイリー氏は「供給過剰との感触が広がっている」と指 摘。「減産するかどうか、サウジからは何も聞こえてこない。市場には 弱気ムードが広がっており、在庫統計の後は新たな売りの波が押し寄せ た」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日 比2.97ドル(3.85%)安の1バレル=74.21ドルで終了。終値ベース で2010年9月21日以来の安値。

原題:Crude Futures Slide to Four-Year Low as OPEC Seen Resisting Cut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE