エボラ熱で臨床試験実施へ-富士フイルムのファビピラビルも

国際非営利団体(NPO)の「国境 なき医師団」は、エボラ出血熱の治療薬を対象とした初の臨床試験を開 始する。エボラ熱ではこれまでに5000人以上が死亡し、西アフリカでは さらなる感染拡大の恐れがあることから、承認に向けた動きを加速させ る取り組みが広がっている。

国境なき医師団の発表によれば、12月から3つの臨床試験がそれぞ れ別の研究機関の下で行われる。現在のところ承認されたエボラ熱治療 薬はなく、治療は基本的に患者を隔離した上で水分補給や抗生物質の投 与などを行う対症療法となっている。

国境なき医師団によると、ギニアのゲケドゥでは、フランス国立保 健医学研究機構(INSERM)の主導で富士フイルムホールディング スの「ファビピラビル」の臨床試験が実施される。このほか英オックス フォード大学は米バイオ医薬品会社キメリックスの「ブリンシドフォビ ル」、ベルギーのアントワープ熱帯医学研究所はエボラ熱から回復した 患者の血液を使用して臨床試験を行う。

原題:First Trials to Test Ebola Treatment to Begin in West Africa (1)(抜粋)

--取材協力:Simeon Bennett.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE