アジア・太平洋株式サマリー:香港株が上昇-中国、印株下げる

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

香港に上場する中国本土株の指標、ハンセン中国企業株(H株)指 数が上げ、約2カ月ぶりの高値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)が 中小の銀行に資金を供給するとの報道が材料視された。

新華人寿保険(1336 HK)は7.9%高と、1年ぶりの大幅な上昇。エ ン州煤業(1171 HK)は3.6%高。香港と上海の証券取引所の相互注文取 り次ぎの開始を来週に控え、上海上場の同銘柄に対するディスカウント は39%に縮小した。

人民銀は中小企業向け融資を支えるため、都市商業銀行の資金需要 を探っている。事情を知る当局者が明らかにした。

香港市場でハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.7%高 の10800.91と、9月17日以来の高値で終了。ハンセン指数は0.3%高。

UOBケイ・ヒアン・ホールディングスの法人セールスディレクタ ー、梁偉源氏は、「本当に中小企業にさらなる流動性を供給できるな ら、10-12月(第4四半期)に経済全体の勢いが回復するだろう」と指 摘。「最近の中国経済指標は依然として弱い」と述べた。

本土市場で上海総合指数は0.4%安。CSI300指数は0.6%安。

【インド株式市況】

インド株式相場は反落。銀行株や石油関連銘柄の下げが目立った。 指標のS&Pセンセックス指数は前日までの3日続伸で、過去最高値を 更新していた。

アクシス銀行は前日付けた上場来高値から反落。銀行株指数は3日 ぶりに値下がりした。インド石油ガス公社(ONGC)が5カ月ぶり安 値となったほか、ヒンドゥスタン石油を中心に国営の石油精製会社も売 られた。政府がディーゼル油とガソリンの税率を引き上げたことが嫌気 された。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.2%安の27940.64で終 了。同指数の相対力指数(RSI、14日間ベース)は前日まで7営業日 連続で売りシグナルと見なされる70を上回っていた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比74.40ポイント(1.4%)安 の5442.70。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比6.76ポイント(0.3%)安の1960.51。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比61.72ポイント(0.7%)高の8980.67。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE