インド株:センセックス、最高値から反落-エネルギー株安い

13日のインド株式相場は反落。銀行 株や石油関連銘柄の下げが目立った。指標のS&Pセンセックス指数は 前日までの3日続伸で、過去最高値を更新していた。

アクシス銀行は前日付けた上場来高値から反落。銀行株指数は3日 ぶりに値下がりした。インド石油ガス公社(ONGC)が5カ月ぶり安 値となったほか、ヒンドゥスタン石油を中心に国営の石油精製会社も売 られた。政府がディーゼル油とガソリンの税率を引き上げたことが嫌気 された。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.2%安の27940.64で終 了。同指数の相対力指数(RSI、14日間ベース)は前日まで7営業日 連続で売りシグナルと見なされる70を上回っていた。

原題:India’s Sensex Declines From Record as Energy Companies Retreat(抜粋)

--取材協力:Rajhkumar K Shaaw.