賞与増見込むバンカー、中東で多く英仏シンガポールは少なめ

中東で働く金融業界のプロフェッシ ョナルは、今年のボーナス(賞与)が昨年を上回るとかなり確信してい る。世界の他の国・地域に比べ増額を見込む従業員の割合が高い。求職 サイトeファイナンシャルキャリアズの調査で分かった。

同サイトによると、中東では金融業界の従業員の約65%が今年のボ ーナスが増えると考えている。この割合は米国では60%、英国では56% に下がる。フランスとシンガポールのバンカーらが最も悲観的で、増額 を見込む回答は42%にとどまり、20%以上はボーナスが減ると考えてい る。

原題:Bankers in Middle East Confident 2014 Bonuses Will Beat Peers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE